Sponsored link

リストラ発表(2016年下期)

リストラ、構造改革などに関する企業からの発表情報です。

ニコン、1,000人の人員削減

ニコンは117日、国内従業員の一割にあたる1,000人規模の人員を削減すると発表しました。

赤字が続く半導体製造装置事業、市場が縮小するカメラ事業を中心に23年で実施するとのことで医療機器などの新規事業分野への経営資源シフトも狙っているとのことです。
半導体製造承知事業では、光学技術の強みを背景に1990年代まではニコンが世界シェアでNo.1であったのですが、最近ではオランダのASMLにシェアを奪われ赤字が続いています。
デジタルカメラはスマートフォンの台頭などで市場が縮小し苦戦を強いられています。

露光装置を組み立てる熊谷製作所などで希望退職者を募るようで、割増退職金などの構造改革費用は2~3年で数百億円に上るとみられています。

20173月期の連結純利益は前期比64%増の300億円を見込んでいますが、下振れする模様です。
3月期の業績が好調なのは、中国で液晶や有機ELパネル製造装置の出荷が好調のようですが、業績が安定しているうちに苦戦が続く部門の業績改革を進める考えのようです。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ
Sponsored link

このページの先頭へ